都日仏協会会長この度、京都日仏協会の会長の大役をお引き受けいたしました。 この会は、日仏友好のために設立された110年の長い歴史をもつ 名誉ある協会です。 先人の輝かしい道を大切にし、さらに発展することを願っています。 そして、楽しみながら、日仏友好に貢献できれば幸いです。 みなさまの、御支援、御協力をお願い申しあげます。 京都日仏協会会長 冷泉 貴実子

 

 

冷泉貴実子 略歴
昭和22年(1947) 冷泉家24代為任(ためとう)の長女として京都市に生まれる   
  46年(1971) 京都女子大学文学部東洋史学科(日本史)卒業   
  48年(1973)   同   大学院修士課程修了(日本史専攻)
現在 公益財団法人 冷泉家時雨亭文庫常務理事    
   公益財団法人 冷泉家時雨亭文庫事務局長   
   第25代為人(ためひと)夫人    
   冷泉家和歌会で冷泉流歌道を指導、各地でも和歌に関する 講演などを行っている。

著書
「冷泉家の年中行事」(朝日新聞社・1987)
「冷泉家の歴史」(共著/朝日新聞社・1981)
「冷泉家の花貝合わせ」(共著/文化出版局・1982、【新版】書肆フローラ・2007)
「京の八百年(やおとせ) 冷泉家歌ごよみ」(京都新聞出版センター・2006)
「花 もみぢ」(書肆フローラ・2011)
「冷泉家 八00年の 守る力」(集英社新書・2013)
「和歌が伝える 日本の美のかたち」(書肆フローラ2016) 等

冷泉家
平安から鎌倉時代にかけての藤原俊成・定家の父子を祖とする藤原氏の家。 代々和歌を家業として宮廷に仕えた。明治維新後も東京に移らず、京都の地で俊成・定家以来の文化財を今に伝えた。昭和56年(1981)財団法人冷泉家時雨亭文庫を設立し、伝来の文化財の保存に努めている。